Platinum, Inc.

総合PR会社のプラチナムです。 本アカウント「PR NOW」では、日々めまぐるしく変化するコミュニケーションやPRの「今」と「これから」をお伝えします。

Platinum, Inc.

総合PR会社のプラチナムです。 本アカウント「PR NOW」では、日々めまぐるしく変化するコミュニケーションやPRの「今」と「これから」をお伝えします。

    最近の記事

    【Platinum BLOGまとめ②】5つの最新PR事例を一挙ご紹介!

    こんにちは。 いつも「PR NOW」をご愛読いただきありがとうございます。 プラチナムnoteを運営しております古川と申します。 今回は前回に引き続き、Platinum BLOG(https://platinuminc.jp/blog/)で ご紹介している最新事例5つの概要を一挙にご紹介します! Platinum BLOGでは、現在PRをお仕事にされている方のみならず、 ブランディング、マーケティング等あらゆる領域で発見のある内容になっているかと思いますので、お時間のある

    スキ
    3
      • 【Platinum BLOGまとめ】7つの最新PR事例を一挙ご紹介!

        こんにちは。 いつも「PR NOW」をご愛読いただきありがとうございます。 プラチナムnoteを運営しております古川と申します。 今回は、2月よりスタートしているPlatinum BLOG(https://platinuminc.jp/blog/)でご紹介している最新事例7つの概要を一挙にご紹介したいと思います。 プラチナムでは、企業様のコミュニケーション課題に広く対応すべく、 コミュニケーション全体のコンサルティングチームに加えて、海外PRやSDGs/ESG、動画クリエ

        スキ
        7
        • 【お知らせ】大好評!プラチナムウェビナー「PR NOW」第2回を2月16日(水)に開催します!

          【お申し込みはこちらから】 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfrkr-FZckMHnYjf3LUhdTy5kctirpejvp2LXvX6NN38SW_4w/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0 皆さまこんにちは。プラチナムの西海です。 毎日寒い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 本日は先日第1回を実施し、大好評をいただいたプラチナムウェビナー「PR NOW」の第2回開催が決まりましたので、ご

          スキ
          5
          • 【PR NOW#013】話題のスイーツから紐解く!トレンドを生み出すグルメPRとは?

            こんにちは。プラチナム「食トレンドチーム」の澤田と申します。 食トレンドチームは、名前の通り食に特化した専門PRチームで、食品~外食の垣根を超え、日々「食」のトレンドを分析・研究しています。 2022年が始まって、気づけば2週間以上が経過しました。年明けからまた感染が拡大し、外出もままならない日々ですが、それでも街中で飲食店を見かけたり、進化し続けるおうちグルメの情報に触れるたび、今年はどんなフードがトレンドになるんだろう?とワクワクします。 トレンドグルメといえば、昨年末

            スキ
            19

            【お知らせ】プラチナムウェビナー「PR NOW」をはじめます

            【お申込みはこちらから】 https://forms.gle/WUQcw42vYbvqgGTAA 皆さんこんにちは。 本日はプラチナムからお知らせがあります。 この度、プラチナムのPR活動における成功事例をご紹介するウェビナー「PR NOW」を2021年11月より開催することになりました! プラチナムウェビナー「PR NOW」とはプラチナムは、「PR の力で企業や商品、ブランドの価値を創り、社会に貢献する」というミッションのもと、戦略的なPRコミュニケーションサービスを

            スキ
            5

            【PR NOW#012】 「推し活」ブーム往来!オタクの心理を掴む企業コミュニケーションとは?

            こんにちは。プラチナムの恒光と申します。 平日はPRコンサルタントとして働き、休日は趣味のコスプレを極めています。 キャラクターへの愛を、体を張って表現するコスプレイヤーは、 いわゆる「オタク」に分類されるかと思いますが、 最近、そんな「オタク」たちの活動を指す「推し活」が頻繁にメディアで取り上げられているように感じます。 こうなる前から当然のように「推しがいる生活」を送ってきた身としては、昨今の騒がれっぷりに驚くばかりです。 アイドルやキャラクター、さらには旅館からコス

            スキ
            35

            【PR NOW#011】世にも奇妙なTwitterの世界をプランニングに活かす種

            こんにちは。 プラチナムで、SNS(特にTwitter)を絡めたプロモーション設計や、 PRコンテンツの企画設計をメインにお仕事をしています、 コミュニケーションデザイン局の坂井と申します。 18歳の頃Twitterと出会い、27歳になった今でも、 息を吸って吐くように、Twitterをチェックする毎日を送る、 所謂Twitterオタクでございます。 当時18歳だった坂井少年は、校内ヒエラルキーを駆け上がるために、 受験勉強の合間でTwitterを研究する日々を送っており

            スキ
            67

            【PR NOW#010】「ROIが極めて高い」PRについて

            プラチナムの石黒です。 アイディアで軽やかに課題解決! 全PRパーソンが目指す姿ですよね。 今日は最近目にした事例をもとに、 投下予算に対してより大きな反響を得ることができる、 広報/PRに求められる“究極のミッション” 「ROIが極めて高い」PR活動について書いてみたいと思います。 1.「ROIが極めて高い」PR4つの型 社会トレンドやインターネットミームに寄り添ったり。 はたまた社内に眠る情報資産に光をあてたり… 日々、様々なPR事例に触れる中で、いくつかの型が見

            スキ
            17

            【PR NOW#009】地方自治体PRのこれからの在り方

            こんにちは。プラチナムにて、 地方自治体や観光PRを担当しています、小林です。 今までの地方自治体PRや観光PRは、旅行系番組での紹介やプレスツアーなど メディアを活用したコミュニケーションなどが中心でしたが、 このコロナ禍で、現地でのメディア取材が難しくなり、 メディアを通して発信していく機会が減ってしまいました。 そんなメディアでの発信が難しくなった今、 地方自治体PRの在り方がパブリシティだけでは無いものへと変わっています。 今回はこのコロナ禍で私のチームで担当し

            スキ
            22

            【PR NOW#008】 大ヒットエンタメコンテンツに学ぶブランドアクションのヒント

            はじめまして。 今年度よりプラチナムに新設された、コミュケーションデザイン局に在籍しているプランナーの杉山と申します。 「チャンスの神様には前髪しかない」 と言いますが、 人を捕まえる時に髪の毛を掴むことが前提となっている世界は悲しいです。 さて、昨年4月の緊急事態宣言以降、個人的にエンタメコンテンツに触れる機会が急増しました。 同じ方も多いのではないかと思いますが、 そんな中で日頃の業務に通ずるような気づきもありました。 例えば、『登場人物の個性』という共通認識が、視

            スキ
            21

            【お知らせ】プラチナムはCIを「ソーシャルバリューコミュニケーションカンパニー」にアップデートしました

            人々の生活が大きく変わったこの1年。 多くの地域で引き続き外出自粛が求められる「Withコロナ2年目」に突入しました。生活様式や人々の価値観の変化、それに伴い生まれた新たなツールやプラットフォームにより、企業に求められるコミュニケーションも変わってきています。 そんな中、私たちプラチナムは、 コミュニケーションデザインを担う自分たちの提供価値を改めて見直し、 コーポレートアイデンティティを「ソーシャルバリューコミュニケーションカンパニー」にアップデート、併せコーポレートサイ

            スキ
            20

            【PR NOW#007】コロナ禍と併走する「ドライブインシアター2020」

            大きな変化が訪れた2020年、コミュニケーションの会社としてなにができるかを考え展開を続けているプロジェクト「ドライブインシアター2020」。 PRの力で新しい社会価値を作ることに挑戦するプラチナムの、コロナ禍に発足した象徴的なプロジェクトの1つとして、 担当の村山聡一・宮下敬・鵜川くるみからご紹介します。 そもそも、ドライブインシアターって?・駐車場や広場で、車の中から、大型スクリーンを観ながら、映画鑑賞 ・音はFMラジオから聴く ・1950年~60年 アメリカ発祥のカル

            スキ
            23

            【PR NOW#006】今後10年のPR産業における4つのキーワード

            今回は、これからの10年、PR産業でビジネスをしている我々や、 PRパーソン一人ひとりがどのように変化するのか、 或いはどのように変化していかなくてはならないのか。 そんなPRの未来について、 9月28日に開催された日本パブリックリレーションズ協会主催 「PR Professionals Meeting 2020」にて、 弊社代表の吉柳さおりがお話した4つのキーワードをご紹介します。 1.ソーシャルバリューデザイン 今、そして今後10年のPRにおいて重要なキーワードの一

            スキ
            21

            【お知らせ】オールニッポンPRはじめます

            プラチナムが新しく開始する取り組み、「オールニッポンPR」について、 プロジェクトマネージャーを担当する斉藤拓巳よりお知らせしたいと思います。 オールニッポンPRとは? 私たちプラチナムは、企業や商品・サービスなどを世の中に広めるためのコミュニケーション戦略の設計から実行の部分まで、幅広いコミュニケーション活動を行っています。 そんな私たちが日々活動する中で感じること、それは、 “日本には、特に地方には、まだまだその魅力が世の中に広まりきっていない企業がたくさんある”とい

            スキ
            31

            【PR NOW#005】当事者の言葉

            こんにちは、 PR BANKというケーススタディブログを運営しています。 プラチナムの石黒です。 本日はFake News全盛の時代だからこそ、情報の発信主体が大切なのでは? といった内容です。 事例を交えてお届けします。 Fake Newsの時代香港デモ、ミネアポリス暴動、大統領選に都知事選…今やSNSでは様々な情報が意図的に切り取られ、プロパガンダに活用されることが日常的になりました。 せわしなくスクロールされるタイムラインには、情報の真意が検証される暇はありません

            スキ
            20

            【PR NOW#004】ブランドパーパスとこれからのPRクリエイティブの形

            初めまして。 ベクトルグループ、プラチナムに在籍している濱村と申します。 モノを広げる起点となる PR×クリエイティブコンテンツのプランニングに チャレンジをしております。 代理店の方々をはじめ、普段お仕事をご一緒している クリエイティブに携わっている皆さまを前に大変僭越ですが、 クリエイティブについて書いてみてほしいという声を社内でいただきましたので 少し書いてみたいと思います。 僕が語れるクリエイティブというのは 「PRアングルでみたクリエイティブ」かと思いますので

            スキ
            54